選べる”電動オナホール“静かさ・安さ・動き等、完全解説!

あなたはどんな基準で電動オナホールを選びますか?

 

 

電動オナホール”について、あなたはどのくらい知っていますか?

 

 

普通のオナホールであれば、世の中にたくさん普及していている上、どのオナホールも“気持ちいい”という宣伝をしているので、一体どれが一番いいの?ってなりますよね?

 

 

対する“電動オナホール”はと言うと、まだまだ世の中に普及できていない上、種類も普通のオナホールほど多い訳ではなく、その中でも質の低いものも多くあります

 

このサイトでは、今まで発売されてきた電動オナホールについて、1つ1つスポットを当てて、メリット、デメリットとともに解説していくサイトとなっております

 

 

電動オナホールは価格の安いものもありますが、基本的に質のいい電動オナホールは数万円することも普通にあるので、購入に迷う人も多いと思います

 

 

このサイトでは、実際にサイト管理人である私が ”K” が独自に購入し、比較検討した詳細なデータを紹介しているので、ご自分に合う1番の電動オナホールのチョイスに活用してください

 

売れてるランキングで選びたい

 

 

まだ電動オナホールを1度も使ったことがない人にとっては、それぞれの電動オナホールがどれほど人気があるのかは気になりますよね

 

 

ここでは、人気の電動オナホールをランキング形式で紹介していこうと思います

 

 

根拠となるデータは、販売実績の大きいアダルトグッズ販売サイト”NLS“でのデータを参考にしています

 

“A10サイクロンSA”

コスパ  最安値価格19900円
気持ちよさ  電動オナホール内ではトップクラスのリアリティを誇る
性能  耐久・速度調節・騒音・何を取っても完璧
静音性  十分な速度でも聞こえない程の高い静音性
隠しやすさ  大きさが気になるが、見た目がアダルトグッズに見えずらい
特殊メリット  専用ホールが多い・+1D対応・飽きる事がない

※+1D対応とは、動画連動可能という意味だと思っていただいて問題ありません

 

現在発売から5年以上が経過していますが、人気がまったく衰えることなく売れまくっているのが“A10サイクロンSA”です

 

 

値段は2万程度かかりますが、その静音性と回転運動のバリエーションが多彩で、専用のオナホールも10種類以上とかなり豊富

 

 

現在の販売本数は20万本以上で、販売しているNLSでも最近の“A10サイクロンSA +PLUS”は販売開始から1ヶ月程度で売り切れる始末

 

今現在最も熱い人気の電動オナホールと言えるでしょう

 

“激震!オナリズム”

コスパ  最安値価格3980円
気持ちよさ  じわりじわり亀頭から来る感じです、スグ抜きは難しい機種
性能  耐久はまったく問題なし、ワイヤレスもgood
静音性  多少気になります。家族がいない時に使うべきです
隠しやすさ  コンパクトで全くアダルトグッズに見えない!未来的
特殊メリット  ローション不要、洗い不要!使用後は拭くだけ!

値段の割には気持ちいい、それが人気の理由です

 

 

近日発売された“A10サイクロンSA +PLUS”、これが発売されるまでは、売り上げランキングでは1位の地位に長く居座っていた機種です

 

 

『ただ振動するだけが、気持ちいいわけがない』と思う方も多いと思いますが

 

 

それが大きな間違いで、普通にコスれる快感と同程度と言える気持ち良さを体感できます

 

 

特に亀頭に対する快感は凄まじいのでオススメです

 

 

”ピストンヒートIR”

 

コスパ  最安値価格11800円
気持ちよさ  スピーディな動きだが、やはりピストン式は抜ける
性能  耐久・稼働時間は十分、ホールの取り外しもしやすい
静音性  電動の中では小さいほうだが、まだ気にはなる
隠しやすさ  大きさは気になる、購入時の箱を捨てないほうがいい
特殊メリット  専用ホール数種・人肌のぬくもりと保温機能

 

電動オナホール自体に“温める機能”の搭載された一風変わった電動オナホールです

 

 

しかし、人肌に温められることで竿で内部の構造をかなり細かく感じ取ることができるので、挿入時の快感はかなりリアルです

 

 

また、温めは保温モードで持続するので“ホールウォーマー”で温めるのと違い、時間とともに冷めるということがありません

 

 

動きはピストン形式なうえ、価格も電動オナホールの中ではリーズナブルなのが売れている理由と思われます

 

 

”NLSピストン”

コスパ  最安値価格17800円
気持ちよさ  気持ちよさでは全機種トップレベル・リアルさもパワーもある
性能  耐久・安定感は高い!ワイヤレスでないのは許してあげよう
静音性  多少気になります。家族がいない時に使うべきです
隠しやすさ  大きさは気になります、箱は捨てないで取っておきましょう
特殊メリット 竿を根元から先っちょまで”根こそぎ”持っていく!超パワー!

 

本来であれば、かの有名な電動オナホール“A10サイクロンSA”を超えるほどの人気を博すはずだった、後継機“A10ピストンSA”がここに記されるはずだったのです

 

 

しかし、かれこれ半年以上も欠品状態が続き、NLSがメーカーから独自に買い取った特許で開発し、販売されたのがこの“NLSピストン”です

 

 

現在発売されている電動オナホールの中では最新なので期待は集まりますが、A10ピストンSAよりはスペックは下がります

 

 

しかし、ピストン型の電動オナホールという意味でも最新なので”A10ピストンSA“が再販される“繋ぎ“という意味では優秀な地位を維持しそうです、実際そういう意味では定期的に売れているのでランキングでは上位に位置しています

 

”NLSピストン”レビューはコチラ

 

”静音性”で選びたい!(誰にもバレないで使いたい)

 

もしあなたが、とにかく静かな電動オナホールを探しているのでしたら、“A10サイクロンSA”を1番にオススメ致します

 

本当は、様々な電動オナホールの音を比較検討して、ランキング形式で紹介するべきなんでしょうが、残念なことに“AサイクロンSA”以外に、静音性を比較しようと思えるほどの電動オナホールが無いのです

 

 

とにかく他の電動オナホールに大きな差をつけて、“静かさ”においてはズバ抜けています

 

 

そうなると、『じゃあどのくらい静かなの?』と思うと思いますが、簡単に説明すると

 

 

“ドアを挟んで誰かがいたとしても、その人には機械音がまったく聞こえない“ほどの静音性と言えば、驚いてもらえるかと思います

 

 

スピードは全部で7段階まで調節できるのですが、正直2か3段階目のスピードで十分な刺激と、静音性を発揮してくれます

 

 

布団の中に入りながら使ったり、服を上から被せて使うことで、さらに静かに稼動させることもできるので、実家暮らしであっても余裕でバレずに使う事ができます

 

 

ただし、隠し場所には気をつけましょう

 

 

値段(コスパ)で選びたい(とにかく安くで手に入れたい)

追加予定

大きさで選びたい(隠しやすい等)

追加予定

動きの種類で選びたい(ピストン・回転・振動等)

追加予定

“最新”かどうか、で選びたい

 

直近で発売された最新の電動オナホールで、おススメの機種はどれ?という人のために販売日と共に分けて紹介していきます

 

 

NLSピストン 2018年9月発売


在庫の欠品状態が続いている人気機種”A10ピストンSA”の後続機としてNLSが独自に開発した最新の電動オナホールです

 

 

とにかく大きな売りポイントとしてあげられるのは、”ピストン式”の最先端だ!ということでしょう

 

 

とにかく究極のリアルを求めるのであれば、ピストン式をおいて他にはありませんからね

 

 

そういう意味では、”A10ピストンSA”が入荷されるか、ピストン式で安い電動オナホールを探している人には1番おススメできる機体となります

 

 

価格が安くなることで生じるデメリットとしては、動きの激しさが大きいという点が上げられます

 

 

ゆっくりとした動きは期待できないので、それでもOKという人にとっては十分なパワーで抜いてくれることは間違いないです

 

 

A10サイクロンSA+PLUS 2018年7月発売

 

言わずと知れた、人気トップの電動オナホールですが、発売から4年以上経過しリニューアルして発売されたのがこの”A10サイクロンSA+PLUS”です

 

 

これまで付属しなかった専用オナホールが1つ無料で付属し、値段も安くなりました

 

 

動きは回転式ですが、ねっとりとした動きから、激しい動きまで7段階のスピード調整が可能で、電動オナホールの中ではトップクラスの静かさを誇ります

 

 

購入者に、払った値段以上の快感を与えてくれることは間違いないです

 

 

すぐに売切れてしまう人気爆発機種なので、早めに確保しておきたいですね

 

 

page top